読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実践❗肌断食(宇津木式スキンケア)

肌断食はいいことずくめ。怖がってる人のためになるといいな。

今日はごめん「わし」封印ね(笑)。ガチのエコ・コラム《水について、とご挨拶》

この記事だめだ。かっこつけすぎた。

ギャグと思って読んで😅

 

インフラ、健康法、医療の分野においても・・・私達が良いと思っているものが本当に永続可能かどうかは何年も経たないと見えてこないのだなと思います。

 

 わたしは専門家ではないのだけど、海洋生物のメス化が進んでいると十数年前にTVで見たのですが、化学物質による汚染の他に水洗トイレの普及によって放出された「人間の尿に含まれる微量の女性ホルモンが影響している」のだと学者が言っていました。過去に下水道整備が進む中、一体どれだけの人がそれを予期できていたのでしょうか。

 

 飲用水で言えば、日本は井戸水(地下水)が豊富ですが工業排水による汚染を理由に生活用水を水道水にシフトするように行政が働きかけました。それまでの「水」は今よりはるかに安全で無料だったのです。水道水に含まれる塩素やトリハロメタンなどの有害物質が問題視され、今では飲料水を買うことが当たり前になりました。一方であまり知られていませんが国内外を問わず市販の天然水の多くは日本の水道局の安全基準をはるかに下回る検査しかされないまま販売ルートに乗っていると聞きました。美味しんぼという漫画の「水対決」の回にも詳しく書いてありましたが日本の水道水は供給量に対し浄化が間に合っていない現状があるけれど水道局の努力により安全性を保っているそうです。

 

 女性起業家のカリスマとして有名なザ・ボディショップの創業者、アニータ・ロディックは20年近く前のインタビューで

 

「私はペットボトルの水を買いません。何故なら水資源は人間の共通財産であるべき。メーカーが独占していいものではないから。」

 

と言っていました。見える方には見えているのですね。私たちが無頓着になっている間に巨額の資金を投入して企業が(表向きは)販売目的のために多くの方の生活を支えるはずである世界中の源泉を何年も前から、物凄いスピードで土地ごと買収しています。世界から見て私たちが水道水を使えること、それ自体が本当に恵まれたことなのにあまりにも認知されていません。買う方がおいしいから、水道水は危険だから・・・わたしたちの選択で汚染が進み供給がストップしたら?はたまたメーカーが販売する権利を剥奪されたら?考えたくもありませんが海外ではそのような地域が既に存在しています。

 

 話を家庭に戻しましょう。ACの広告や各団体の啓蒙活動により、昔に比べ排水口に直接廃油を流す人はあまりいなくなったと思いますが(庭に捨てられる時代ならばあまり問題なかったかも知れませんね)、普段使う化粧品やクレンジングではオイルのものがまだ沢山あります。もちろんそれだけがいけない、ということでもないのですが、オーガニックで生物分解できるものであっても使わないで済むならそれが一番いい。そう考えるようになってから、わたしは色んな意味で「安全」をうたった商品に対する興味が薄れました。洗浄料に関して言えば、ケアに使うものは完全に純石鹸のみにシフトすることができています。これも毎日全身には使いません。台所洗剤はその時々で分解可能なものを選んではいますがたまに合成になってしまうときも。洗濯洗剤は重曹や粉石けん、マルセイユ石鹸、オーガニックなど試した上でスピードと価格、家族の意見を尊重し、泣く泣く合成に戻しました。だから正直なところ現状として肌断食は私にとって罪滅ぼし的な意味合いもあります。この課題に関しては引き続き工夫を重ねていきたいと思っています。

 

 先日、とある心理学のセミナーでおもしろい実験写真を見ました。汚い言葉(バカ、など)を聞かせた水と優しい言葉(ありがとう、など)を聞かせた水を凍らせて、その結晶を写真に撮ったものです。エネルギーというのか波動というのか、人の言葉というものは強い力を持っていて、水はその力を簡単に受け止めてしまうのだそうです。

 汚い言葉はいびつな形でのっぺりとした表面と不規則な突起を作るのに対し、優しい言葉は規則正しく均等のとれた突起と繊細な模様を持つ美しい結晶になっていました。

 

 これは言葉の実験でありましたが、感情も似たことではないかとわたしは思うのです。どのような力を乗せて水を使うのかで巡り方も変わり、やがて長い時間を経て戻ってきます。自然は私達の都合が良いようにばかりは働けません。その水を私たちはまた使い、口にします。私達の体は7割以上が水分です。水を飲まずには居られません。どんな水を飲みたいでしょうか?私達は凍ることはないかも知れませんが毎日言葉や感情を脳と言うよりはその水の中、つまり体に取り込んでいるのではないかとわたしは思うのです。

 

 

美しい言葉、美しい行い、美しい感情を大切にしたい。

 

 

難しいからこそ。

 

 

その方のためになるからといって、その方の心にフィットしていないものを押し付けたり、いたずらに不安をあおっては「根本を見失って」しまう。本を読めばわかることも読むことが苦手な方には苦痛でしょうし、どんなに励ましても出来ない時はできないのです。本当はこうした方が早い、テキストではこうだ、と言えばそれまでなのですがそれだけではあんまり意味がないような気がします。わたしは一緒に考えて一緒に疑問を抱いて支え合えるコミュニティーの構築こそが一番実り多いものだと感じます。

 

今後も情報として提供できるものは極力致しますし、皆様にもぜひやり取りに参加していただきたいのです。こうした方が良いよ、というアドバイスもいただきたい。

 

 

ただ、動画でもお伝えしたのですがお断りとして一点だけ。正直なところ、時間の制約がかかる部分に関して(お茶会、セミナー、個人セッションなど)は有料でご提供していきたいと考えています。不定期に開催いたしますが、ご理解いただいた上で必要な方だけがご利用いただければ良いと思います。不要な方にとっては告知が不快に思われるかも知れませんがどうぞご容赦ください。

 

 

 

実り多き日々を  共に。

 

 

 

じゅんこわたなべ

 

 

 

 

合成大好きでもいいのよ。

じゅんこわたなべの公式LINE @はこちら

※肌断食や心のことを配信します。

ID:@ube0629o

(頭の@を忘れないで入れてね。)

https://line.me/R/ti/p/%40ube0629o

4/15、16(土日)池袋でお茶会あります。

 

 

コンプレックスがあってもいいの。

ソッコーで承認します。

動画が見られるFBグループ

https://www.facebook.com/groups/974581342676621/